高血圧について

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。
高血圧は日本人にはとても多い病気で、40~74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧と言われます。
高血圧は放っておくと、血管にストレスがかかり、動脈硬化を引き起こして、心不全や狭心症、心筋梗塞といった心臓血管系の病気を招いたり、脳出血、脳梗塞の原因になったりします。
高血圧そのものは無症状のことが多いので、日々の血圧測定や健康診断などで、早めに対策を打つことが大切です。

高血圧の治療

まず行うべきは、適正な体重にし、適度な運動を心がけ、減塩に努めるなどの生活習慣の改善です。
また、医師から薬を処方されたら、指示通りしっかりと飲むことも大切です。
一度薬を飲み始めると、一生やめられないと思っている方が少なくないようですが、徐々に良くなってくれば、薬の量を減らしたり、やめたりすることも可能です。
一度降圧薬を服用し始めたら飲み続けなくてはいけないと考えるのではなく、薬がやめられるように日頃から生活習慣の改善を心がけ、それを継続することが大切なのです。

  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち