生活習慣病全般の治療

生活習慣病には、高血圧や糖尿病、脂質異常症(コレステロールや中性脂肪が高い疾患)などがあります。主に過食、運動不足などといった生活習慣の不摂生が原因です。
生活習慣病は、1つ1つは軽症でも、いくつもの疾患が重なることが少なくありません。そして重なることによって各症状がひどくなったり、心臓病や脳卒中などの重大な疾患に結びついたりする危険性も高まるのです。
そうした事態を招かないように、生活習慣を改善するための対策を取りましょう。基本的には、どの病気であっても、生活習慣の改善、つまり食事療法と運動療法が中心であることは共通しています。必要と判断した場合には、患者様とご相談しながら薬物療法も行います。

  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち