脂質異常症について

脂質異常症(高脂血症)というのは、血液中の脂質、具体的にはコレステロールや中性脂肪(トリグリセリドなど)の濃度が高い状態のことです。
脂質異常症を放置すると、増えた脂質がどんどん血管の内側に溜まって動脈硬化の進行を促進してしまい、ついには心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こしかねません。

脂質異常症の治療

治療は、冠動脈の病気などの明らかな動脈硬化の病気が無い場合には、生活習慣の改善と薬物療法が基本です。
動脈硬化が進むのを防ぐことにつながります。動脈硬化を促進するほかの要素――高血圧、耐糖能以上、肥満なども改善できるように生活を改善します。
その主な内容は、禁煙、食生活の改善、適正体重の維持、適度な運動です。
なかでも特に重要なのが食事(食事療法)で、これは適正体重の維持とも深く関わってきます。

  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち